目覚めが悪かったり、だるさを感じたりするときはオルニチンがおすすめ

暑さのせいか、最近夜中に起きてしまうことが増えました。それでいったん起きてトイレや水分補給するのですが、そこからしばらく寝ることができません。結果として朝起きた時に目覚めが悪く、二度寝してしまうことが多いです。

また、よく寝れないせいなのか、疲れがとれなくて日中だるいんですよね。特に午前中はエンジンがかからず仕事のパフォーマンスも低下してしまいます。普段はしないミスもするようになりました。

皆さんはこういう経験ないですか?私もここ最近の話なので、どうしたらいいか困惑しています。ヤフー知恵袋や友人に相談したところ、いくつか回答を頂きました。

まず最も効果的だったのがオルニチンサプリメントでした。即効性は薄いですが、1週間くらい毎日飲んでいたら心なしか目覚めがよくなりました。

オルニチンは肝臓の機能を改善する効果があります。肝臓は生体エネルギーを作ったり、体内毒素を排出する機能があります。だから日頃体力がない人や疲れが回復しづらい人は肝臓の機能が低下しているのかもしれません。

ただ問題は、夜中に起きてしまうことです。睡眠の浅さはどうやったら解決するのか。私はね類時間前は脳を刺激しないことにしました。テレビやスマホなど電気を使う物は一切触れないようにしました。そして対して面白くもない本を読むようにしました。すると脳の活動が低下するようになったのか、寝つきがよくなりました。

あとは、苦渋の策ですが、冷房をつけっぱなしにして空調を整えました。これが効果てきめん!やはり暑さで起きてしまうことも多いようですね。7月、8月は深夜も蒸すので、電気代はかかりますが安眠するためには冷房に頼るのもおすすめです。