低気圧が近づいて疲れやすい時はオルニチンサプリメントが良いです

今年の夏は、30日近く雨が続いて身体がだるくて大変でした。これまでは、3日間雨が続いただけでもつらかったのですが、これほど長く続くとその対処方法も工夫が必要になってきます。以前から低気圧が近づくと、頭を締め付けるような偏頭痛が起きたり気持ちが落ち込んでイライラしたりするので、天気予報には常に敏感になっていたものです。

このようなことになったきっかけは、40代前半の頃、仕事で体調を崩したのがきっかけでした。低気圧が来る度に、体調を崩して疲れを溜めていたのでは仕事に支障を来してしまうので対策を取ることにしたのです。

週に3回、一回30分ほどのウォーキングを取り入れたり、ビタミンB類やビタミンC、そしてオルニチンサプリメントを摂ったり、バランス栄養食でもある卵や乳製品を毎日欠かさないようにして精神面と体力面の強化を図りました。そして、いつしか雨の日に体調を崩すことがなくなって行ったのです。特にオルニチンの効果とおすすめサプリメントというサイトでは全部で50種類のオルチニンサプリメントが紹介されていてとても参考になりました。

しかしながら、最近50代に入ると、低気圧が来るたびに今度は身体がだるくなり、疲れが抜けなくなったのです。今もウォーキングや食事療法を続けているので不思議で仕方ありません。

そこで、今度はいろいろなオルニチンサプリメントを試してみたのです。その中で、一つだけ効き目を実感できたのがDHCの『肝臓エキス+オルニチン』でした。そのサプリメントを摂ると、急に身体に力が蘇り身体のだるさが抜けるのです。また、頭痛がする時は乗り物酔い止め薬を使用すると良いようです。

人の身体は千差万別ですから一概にはお勧めしませんが、雨が降って身体がだるい時は、自分の体調に合わせて食事療法を工夫してみると良いでしょう。